takeout

2012.08.07

伝統宮染め てぬぐい

伝統の技が光る「宮染てぬぐい」
宮染てぬぐいの始まりは江戸末期。
真岡木綿が盛んとなったその時期に、木綿地を染めるために染物職人が田川沿いに集まったことが始まりです。
1枚ずつ丁寧に染め上げられたてぬぐいは、独特の風合いが魅力。
通気性もよく、吸収力も抜群です。
物を拭いたり包んだり、生活にちょっと粋な演出を取り入れてみるのもステキですよ♪

【商品名】伝統宮染てぬぐい
【価格】¥735